ワイヤーラッピングのシェアリング

  • 2014.07.06 Sunday
  • 08:31
今年から少しづつ、一緒に作るということをしていきたいなあと思っていたのですが、お友達が治療のためにお仕事を少しだけ休むことになったので、その間、一緒に手を動かそう! ということに。

私は、昔から「教える」とか「伝授する」みたいな役目が苦手で、それは教える技術がないということよりは、「私は教える人です」という立場になることがとても苦手なのだと思います。
なので、アクセサリー類はとてもたくさんの先生が存在するんですが、そういう立場に自分がなりたいとなかなか思えず。

ワークショップみたいなものはたまにやらせてもらったりするんですが、クラスを持つって、いままで避けてきたところあり。


でも、一緒におしゃべりしながら手を動かすと、なんだかものすごく元気になるんですよね。
楽しいし。

なので、お友達のお休みに便乗して、私も、これからそんなことができるといいなー、っていう練習のようなことをさせてー、ってお願いして、一緒にアクセサリーを作ることを、ちょっと続けてやってみようねえということになりました。
クラスとか、レッスンとか、そういう呼び方もあまり好きじゃないので、これまでもワークショップって言ってきたんだけど、シェアリング って呼び方もいいかもー、と思ったので、タイトルはそれにしています。

前にお友達が天然石の穴の空いていないものをたくさんいただいたので
それをなんとかしたいなーと言ってたのを思い出し。
今日はラッピングをしてみようかなーと思います。

持参したのは簡単に出来るコイン型の石。
でも、途中でみつけた作家さんのガラス細工のパーツがあまりにかわいいのでお買い上げ。
それのひとつを包んでみようということに〜。



天然石もええけど、ガラスもきれい〜。

BGMかけて、おしゃべりしながら2時間ほど。



こんなものができました。
左は私が作ったもの。右がお友達。
ガラスの色合いが、なんともすごく素敵! 銅とすごくよく合います。
でも、形が変則なので、コイン型を包むよりずっと難しいんですが、
もともとアクセサリーを作る人なので、はじめてなのにとても上手にできましたー!

使っているのは銅のスクエアワイヤーとハーフラウンドワイヤーです。
日本のアクセサリーパーツ屋さんでは、ほとんど売ってるのを見たことがないんですが
銅は柔らかいので、練習にもぴったり。あと、色目的にもすごく大人の女性っぽくなるので、素敵だなあ。



できたものをパチリ。

ラッピングしたものは、チェーンや革紐などに通してペンダントにするのですが、手持ちのネックレスのペンダントヘッドにすると素敵だようということで、すぐそばにあったパールのロングネックレスに合わせてみたら。



大人おしゃれなアクセサリーになりました。うずまきがちょっと、クリムトっぽくて素敵。

次回は、丸い天然石を鳥かごのように包むラッピングを私が教えて、お友達からはずっと気になっていた皮と石のブレスレットの作り方を習うことに。

とりあえず、作り方を伝えたい時の、今回の反省点。
1、ある程度のレジュメは必要
2、いくつか完成品の見本がないとダメじゃった


特に2を忘れていったのが失敗。ほいでも、ブログにアップした写真などを見てもらったらわかることも多かったので、ある程度の作品のアルバムを作っておくのが必要かも。

などなど
ちょっとづつ精進しています。
素敵な機会を共有してくれる、お友達に、感謝です。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM