Mちゃんのマルチネックレスとブレスのセット

  • 2011.08.06 Saturday
  • 07:50
 以前から「作るからね」とお約束していた大切なMちゃんに
作ったアクセサリ−。お手元に届きましたー。
こちらのブログで使い方の説明を。

自分にいまひとつ自信が持てなくって、だから身につけたら元気になれるものが
欲しいんだよ−、って言ってたMちゃん。

そうだなあ、クォーツ系で作ってみようかなあ、、、って思って
ミルキークォーツとローズクォーツを組み合わせてみました。
ミルキークォーツは私の大好きな石です。
こんな意味があります。

他人との係わりが苦手な人や、環境が変わり不安なときなどに、おだやかにやさしくサポートしてくれます。また悩みやネガティブな感情を解消し、希望や活力を注いでくれるでしょう。http://www.stoneguide.net/140/post_22.html より

 ローズクォーツは、愛情の石。
二つを組み合わせて、調和とバランスを取りながら、人に対して自信を持てるような組み合わせ。
あとはクリスタルと、小さなチェリークォーツも入れています。これには 

ネガティブな感情を取り払い、心と身体を軽くするとされています。 希望に向かうエネルギーをもたらす「幸福の石」ともいわれます。 

なんて意味もあるそうです。

基本的に柔らかくて女性らしいMちゃんの雰囲気には、ごついロングネックレスは合わないと思うのですが、首の後ろで止める留め具が苦手というMちゃんのために、首の前でもつけられるような創りにしてみました。

まずは基本形。きゃしゃなネックレスとブレスのセットです。


ネックレスの留め具はこんな風になっているので、首の前でつけてもらって後ろに回してもいいし、このまま、首元のアクセントとして、金具を首の前に持ってきたままラリエット風に身につけてもらうこともできます。


つたないモデルでごめん>笑
ここに、ローズクォーツで創ったチャームが、着脱可能の金具で取り付けられます。
こんな風になります。

チャームは金具のリングの部分に取り付けてもらってもいいし、逆に、金具を首の後ろに回して、チェーンの部分に取り付けてもらってもOK。違う雰囲気になります。


チェーンだけで、金具を後ろに回してつけたら、こんな感じ。さりげなく身につけたいときには、こんなのがいいかも。


で、ここからが応用編です。ネックレスと、ブレスレットは金具の部分でつながるようになっています。ネックレスのリングの部分に、ブレスレットのキャッチャーをひっかけて、ブレスレットのリングの部分に、ネックレスのT字型になった金具を通してください。
こんなロングネックレスになります。


セーターなどを着たときには、このぐらいの長さがいいよね。
この写真ではブレスレット部分が首の後ろに回っていますが、ちょっとずらしてリング部分にチャームをつけると


また雰囲気が違うネックレスに。
もちろん、チャームは正面に持ってきてもOKです。
私は、この使い方が一番好き!


ロングにして、ラリエット風に使うと、かなり個性的な雰囲気になります。チェーンをリングに通した状態で、好きな場所で首回りの長さを調節してくださいな、



ブレストのセットで使うと、こんな雰囲気。


ネックレスって、お洋服の首の空き具合とか、シャツなのか、セーターなのか、Tシャツなのかで、その都度一番きれいに見える長さが違うんだよね。
だから、こんな風に長さや石の位置、チャームの有無などが調節できるものが、私は便利だなあって思ってるんです。

気分とお洋服に合わせて、いろいろ試してみてね!

ワイヤーが伸びてしまった、石がずれてしまった、こわれちゃった。。。。。という不具合があったら、いつでも連絡ください。永年、ちゃんと直します!


ありがとう>Mちゃん

思い出の布で入学式の親子コサージュ

  • 2011.03.27 Sunday
  • 10:04
 東日本の大震災で、大きな被害、大きなショックを受けた方がたくさんいると思います。

たくさんのお友達が、被災しました。
ちょうど、この記事の前に書かせてもらっていたアクセサリーのオーダーは
すべてが仙台のお友達でした。
ひとりひとりの顔を思い浮かべながら、手作りを続けた2ヶ月。
ラッピングをして、まとめて代表のお友達に荷物を送って
受け取ったよ、これからみんなで逢って分けるからね! という連絡を
もらった矢先の3月11日。

仙台に向かおうとしていた荷物は、もうひとつありました。
このお花をオーダーしてくれたお友達も、仙台にいます。

小学校の入学式が4月3日にあるから、そのお花を作ってもらえないかな。
できたら親子でおそろいのもの。

そうだね、だったら、せっかくだから思い出の布地があったら送ってくれない?
その布を入れてお花を作れば、思い出深いものになるよ。
6年間の思い出をお花にして、入学式に母子でつけて出席できたら、素敵でしょ?

そう提案してみたのが、2月の後半ごろ。

お友達から布地が届きました。
「子どもが産まれたとき、姉が手作りしてくれたスリングの布があったので送ります。
 はさみを入れることを、姉も子どもも了解してくれました。よろしくね」

大事な、思いのこもった思い出の布です。
赤ちゃんのときから、くるまれていた、大切なスリングの布。
お花にするためには、ほつれず、堅くするために糊入れをする必要があります。
今回はチューリップを作ろうと思っていたので、柔らかめの布にするために
ゼラチンで丁寧に糊を入れました。

色合いを見て、取り合わせると素敵だなと思えるような着物地を
わが家のコレクションからピックアップして、こちらにも糊入れを。
オレンジピンクのちりめん地です。


この2枚の布地に合わせて、チューリップの花弁の雰囲気が出やすい白のサテン地を
染めていきます。
オレンジ、茶色、黄色などの染料を混合して、まとまりのよい色に作ったら
先に花弁の形にカットしておいたサテン地を、グラデーションをつけながら染めていきます。

ポイントは、先に生成り色に布地を染めておくこと。
この生成の色を作るのが、けっこう難しい。上品な生成に染めて仕上げるのは、何度も色の混合を繰り返さないとなかなかうまくいきません。
生成り色に全体を染めたあとに、ポイントとなる色をグラデーションを付けて乗せていきます。


全体がうまくまとまるような色合いに染まりました。


染めた花弁が乾いたら、糊入れをしたスリングの布、ちりめん地も、型紙に合わせてチューリップの花弁の形に切り抜きます。
2枚を貼り合わせて使うので、1輪のチューリップを作るのに花弁は12枚〜14枚必要です。これを7本作る予定なので、花弁は全部で100枚ほどです。


間にワイヤーを挟んで2枚をボンドで貼り合わせていきます。こうして貼り合わせながら、一枚づつ花弁を切っていくことになります。
どんな2枚を貼り合わせるかは、いろいろバリエーションを考えながら。スリングの布はチェックでかなり色が濃いものなので、重くなりすぎないように、考慮しながら2枚の組み合わせを決めていきます。

50枚ほどの花弁を切り抜いたら、電気ごてでチューリップの形にこてを入れていきます。


丸みが出るように、ていねいに。
お花をよく観察してみると、どんな風にこての筋を入れていけばよいのかが見えてきます。

今回は、スリングの布がかなり余裕があったので、もうひとつ、普段着のときにつけられるようなガーベラの花を作ってみることにしました。
こちらは、素朴な感じが出るように木綿地を染めました。


こちらも、2枚を貼り合わせて切り抜いていきます。
布地をボンドでむらなく貼り合わせるのも、けっこう技術が必要。がんばった>笑

さて、全部にこてが当たりました。
お花は自然の造形ですから、一枚一枚が微妙に違うように、変化をつけながらこてを当てるのがコツ。


この段階で、お花の真ん中につく「めしべ、おしべ」の色合いを決めて
ペップという、お花の材料を準備して、アルコール染料で染めていきます。
ペップはデンプン質でできているので、水性の染料では素材が溶け出してしまうため
こちらはアルコールでできた染料を混合して色を決め、ひとつひとつを染めていきます。
(写真撮るの忘れた!)

染まったら乾かして、めしべとおしべのセットをワイヤーでまとめて、お花の茎になる部分を作り、とりまとめがしやすいように、茎をそれぞれ紙テープで巻いてまとめておきます。

さて、ここでやっと花びらのセット。
色のバランスがよいように、1本づつをお花の形にまとめていきます。

はてさて、ここまでで丸3日かかりました!>笑

あとはまめる作業。
こんな風にできましたよ。


ママの胸につけるこさーじゅ。
思い出のスリングの布地がみえかくれしながら、上品なちりめんの絹地と
染めたサテン地で大人っぽく。


子供用には2輪のチューリップを。
こちらはスリング地の分量を多めにして、ちょっとカジュアルな感じに。
いずれも、ベージュとブラウンの細いリボンをアクセントに結んでみました。


茎布も手染めしています。
オレンジに合う、ブラウン色に染めた絹地を細く切って、茎に巻いています。
つけやすい場所にコサージュピンをつけて、できあがり。

もうひとつのガーベラもできました。


こちらは、まんなかにスリング地をぽんぽんのように入れ、まわりをたくさんのペップで飾って、アクセントに。
花びらも、スリング地がみえかくれするように使ってあります。
長めの茎と、葉っぱのアクセントは、好きな形にアレンジして。


この手の手作りの花は、時間とともに風合いが出てきます。
ちょっと型くずれしてしまっても、手でぐいぐいと元に戻して使ってあげてね。
使わないときは、花瓶に挿したり、壁にちょこっと飾ってもらうのもGOOD!
直射日光に当たると色あせしてしまうので、日陰を選んでもらえれば
インテリアとして楽しんでもらえます。

思い出の布で作ったココサージュ。
思い出とともに、長く大切に使っていただければとってもうれしいです!


残った布地は、お花と一緒にお返ししますね。
のりが入っているので、アップリケなどに使うこともできますよ。
好きな形に切り抜いて、ボンドで袋は箱に貼ってもOK。
最後まで大事に使ってあげてね!


‥‥
このお花、やっと宅配便が稼働してきたようなので
今週仙台に送ってみることにします。
生活物資が先、と遠慮してきたのだけれど
でも、子どもたちはどんな場所にいたって、ちゃんと新一年生になるのだもの。

少しでも早く、東北に春がやってきますように。
いっぱいのいっぱいの思いをこめて。
入学おめでとうございます。

Pret-a porter6 Mie

  • 2011.02.22 Tuesday
  • 18:16
 留め具が苦手だから、頭からかぶれるぐらいのネックレスがいい、というのがMieちゃんのリクエストでした。
そして、石はなんといっても、ブルーレース。

ブルーレースに惹かれたのは、それが「人と人をつなぐ石」だったからなのかも?
「人間関係を和やかなものにしたり、対立を防いだり、コミュニケーションを円滑に行くように手助けしてくれる」それがこの石の持つ意味なのです。


留め具が苦手ということだったので、他の方々にお作りした「ブレスレットで長さを調節するセット」ではなく、1本のロングで使うネックレスとして作りました。
でも、いろいろアレンジができるちょっとした仕掛けつきです。 まず、ブルーレースのペンダントトップはこんな感じです。
ラインストーンのポチッとしたアクセントつき。そして、フックがついているので、取り外しが可能です。裏はこんな感じ。
胸元でくるっとひっくり返ってしまっても、違う雰囲気を醸し出してくれるように。表と裏では、またイメージが変わって楽しいでしょ? このネックレスは、普通に前の中心部にあるお花型の輪にフックをつけて、こんな風にペンダントとして身につけられるほか
ペンダントトップを外した状態で、チェーンネックレスとして使うこともできます。
そして、ペンダントの前後を逆にして、首の部分にあたるアジャスターのところを前に持ってくると。。。。。。
白い葉っぱが一枚。 これはこれで、別のペンダントとして楽しめます。ペンダントは、首の後ろに向かうに従い、石が小さくなってシンプルな作りになっているので、こうして前後をひっくり返すことで、まったく違ったデザインのペンダントになるんです。 そして、この葉っぱの部分に、さきほどのペンダントトップを付けてみると。。。
ほら、こんな感じ。 また違った雰囲気でいいでしょう? さらには、お花型のアジャスターチェーンの一番上で止まっているネックレスのフックを、首回りの長さに合わせて、チェーンの途中にあるループにつなげてみましょう。そして、その同じ場所にペンダントトップを付けてみると。。。。。
首元に長いチェーンが垂れ下がるタイプの、チョーカーとして楽しむことができます。胸元の開いたブラウスなどにつけると、とっても素敵。 私は、こういう長いチェーンのネックレスを、フックでつなげずにただ首の前で交差して、ラリエットとして使うことも大好きです。大人っぽく、おしゃれな感じになります。
1本のチェーンだけど、いろんな風に楽しんでみてくださいね。 使っているのは、ペンダントトップのブルーレース(これは冒頭で意味をお話しました)

チェーン部分には、さまざまな形のローズクォーツ、淡水パール、水晶、そしてアクアマリンです。

ローズクォーツは愛情を司る石。水晶は心身のパワーを高め、アクアマリンには「アクアマリンは、人に対する優しい気持ちを導き、柔軟な心で自他を愛し、受け入れられるようにサポートする」という意味があります。

いつも明るくて、一緒にいる人をほっこりと優しい気持ちにさせてくれるMieちゃん。でも、その心のどこかで、自信のなさや不安も抱えているんだ、といつか聞かせてくれたよね。パワーが欲しいな、と思ったとき、このアクセサリーを身につけてくれたらうれしいです。
いっぱいきらきらを詰め込んでおきました!




<ご注意>

1,スカーフなどと一緒に身につけると、首回りのワイヤーのデコレーションが薄い布にひっかかり、スカーフを傷めることがあります。また、セーターの編み目にひっかかると取りにくいという特徴がありますので、繊細な服と一緒のときは十分にご注意ください。(私は、ワイヤーアクセサリーを身につけるときには、ひっかかりやすい服を着ないようにしています。十分注意して作っていますが、素材の性質上、ご理解いただければ幸いです)

2,ノンターニッシュシルバーのアートワイヤーを使っています。銀製品のように変色しやすい素材ではありませんが、汗などで黄ばむこともあります。長時間水気のある場所などで使用しないでください。

3、それぞれの石は「めがね留め」という方法でつなげてあります。通常のリング留めより強固ですが、強く引っ張ると変形したり、ほどけることがありますのでご注意ください。

4,天然石を使っています。アクセサリーボックスにしまっているうちに、なんとなく生彩がなくなってきたな、と思ったら、お月様のきれいな夜に月の光を浴びせてあげるとか、家の中の好きな場所にしばらく飾っておいてあげなどして、元気を取り戻してあげてくださいねー! 

私はさほどこの手のこと(浄化)は気せず使っていますが、興味がある人、好きな人は以下のサイトを参考にしてください。
http://www.ishi-imi.com/2006/07/post_25.html

5,ワイヤーが伸びてしまった、変形してしまった、壊れてしまったなどありましたら、修理をしますのでご連絡ください。


Pret-a porter 4 Manyo

  • 2011.02.22 Tuesday
  • 17:24
鮮やかな紺色のタートルネックのセーターに合うもので、おまかせ! というオーダーをいただいたmanyoちゃん。

ちょうど、昨年末にウィーンを旅したときに、ウィーンのスワロフスキーの本店で買ってきた、きらきらのスモーキークォーツのような色をしたスワロフスキーのクリスタルがあったので、これを銀と金のワイヤーでラッピングしてみました。

 
スワロフスキーのクリスタルは、フックがついているので取り外し可能です。
長めの石の多いチェーンと、繊細なチェーンで石の少ないチェーンの、2本がセットとなっています。こんな構造です。

最初の写真のように2重につけてもいいし


長くて石の多いほうにペンダントトップをつけて、1本だけでシンプルに使ってもOK。
もうひとつのシンプルなチェーンタイプのほうにペンダントトップを付けることもできて、こちらのほうはもうちょっと華奢でシンプルなスタイルを楽しむことができます。


それぞれのフック部分はこうなっているので


2本をつなげてロングネックレスにすることも可能です。華奢な感じですが、かなりロングタイプになり、この長さでタートルネックの濃い色のセーターなどに合わせると、個性的なインパクトがありますよね。



このとき、こんな風にペンダントトップを敢えてアンシメトリーな場所に取り付けると、ちょっと大人っぽい雰囲気に。もちろん、トップをつけずにチェーンだけをロングにして身につけても素敵だと思います。



ブレスレットはセットになっていませんが、3重に手首に巻き付けると、ちょうどブレスレットの長さになります。1本はネックレスにして、1本は3重巻でブレスにしても、おしゃれです。


使っているのは、スワロフスキーのクリスタルに合わせて、水晶、グリーンクォーツ、グレートピンクのアゲート、淡水パールです。

水晶は、ストレスを緩和して、心身のエネルギーを高めてくれるパワーを持つ石。グリーンクォーツは、お仕事を頑張って、財を成す効果がある石です。
ここにアゲートを加えて、気持ちを穏やかに、人間関係をよくするという意味を加えてみました。アゲートは母の石でもあります。

心根が優しいManyoちゃん。おいしいものが大好きで、おいしいものを家族のために作り続けて、そして患者さんも癒し続けているManyoちゃんの日々が、健やかで穏やかでありますように!

きらきらパワーで応援していますね。


<ご注意>

1,スカーフなどと一緒に身につけると、首回りのワイヤーのデコレーションが薄い布にひっかかり、スカーフを傷めることがあります。また、セーターの編み目にひっかかると取りにくいという特徴がありますので、繊細な服と一緒のときは十分にご注意ください。(私は、ワイヤーアクセサリーを身につけるときには、ひっかかりやすい服を着ないようにしています。十分注意して作っていますが、素材の性質上、ご理解いただければ幸いです)

2,ノンターニッシュシルバーのアートワイヤーを使っています。銀製品のように変色しやすい素材ではありませんが、汗などで黄ばむこともあります。長時間水気のある場所などで使用しないでください。

3、それぞれの石は「めがね留め」という方法でつなげてあります。通常のリング留めより強固ですが、強く引っ張ると変形したり、ほどけることがありますのでご注意ください。

4,天然石を使っています。アクセサリーボックスにしまっているうちに、なんとなく生彩がなくなってきたな、と思ったら、お月様のきれいな夜に月の光を浴びせてあげるとか、家の中の好きな場所にしばらく飾っておいてあげなどして、元気を取り戻してあげてくださいねー! 

私はさほどこの手のこと(浄化)は気せず使っていますが、興味がある人、好きな人は以下のサイトを参考にしてください。
http://www.ishi-imi.com/2006/07/post_25.html

5,ワイヤーが伸びてしまった、変形してしまった、壊れてしまったなどありましたら、修理をしますのでご連絡ください。

Pret-a porter3 bubu

  • 2011.02.19 Saturday
  • 10:01
緑色を中心に、というリクエストをくれたbubuちゃんには、黒やグレーなどの大人っぽいファッションにも合うデザインを考えてみました。チェコビーズの緑を生かして、水晶とグリーンめのうをアレンジしたペンダントとブレスレットのセットです。



ペンダントトップは、取り外しができる構造になっています。水晶をワイヤーでラッピングして、グリーンめのうの小さなお花をアクセントにつけています。



裏返すとこんな感じ。


上部はフックになっているので、使わないときは取り外すことができるし、チェーンの好きな部分に付け替えて楽しむこともできます。

このペンダントトップを付けた状態が、こんな雰囲気。


そして、取り外した感じは、こういう風になります。


ペンダントトップがつくと、ちょっとラブリーな雰囲気にですが、取り外した感じはちょっとシャープなイメージ。ビジネススーツや、黒やグレーのセーターなどには、こちらの雰囲気でオフィスに着けていくことも可能だと思います。

abejunさんのアクセサリーと同じく、アジャスター部分がフックになっていますので、ブレスレットとつなげるとロングネックレスとして楽しむこともできます。


使っている緑色のチェコビーズ、発色がよくてかなり状態のよいものが手に入りました。
一度チェコを訪れたことがありますが、街中にビーズのお店があって、すっごく楽しかったよ! 東欧の光の中で、チェコのビーズの色はとても魅惑的。
そんなチェコのビーズを中心に
ペンダントトップには水晶と、グリーンめのうを使っています。

チェーン部分にもグリーンめのうと、グリーンクォーツをアレンジしてあります。白いのは貝パールです。

水晶は調和や安定をもたらすと同時に、心身のストレスをやわらげてくれる効果があります。緑のめのうは、健康や長寿とともに、心の平穏をもたらしてくれる力強い石。
グリーンクォーツには、働いて成功や財を成すという意味もあるそうです。

お仕事のときに、ぜひ身につけてくださいな。

穏和やであったかい笑顔がいつも素敵で、しっかりと自分を持っている感じ。すっきりスーツがいつもとってもよく似合っているBubuちゃんに身につけてもらえたら、すっごいうれしいです!



<ご注意>

1,スカーフなどと一緒に身につけると、首回りのワイヤーのデコレーションが薄い布にひっかかり、スカーフを傷めることがあります。また、セーターの編み目にひっかかると取りにくいという特徴がありますので、繊細な服と一緒のときは十分にご注意ください。(私は、ワイヤーアクセサリーを身につけるときには、ひっかかりやすい服を着ないようにしています。十分注意して作っていますが、素材の性質上、ご理解いただければ幸いです)

2,ノンターニッシュシルバーのアートワイヤーを使っています。銀製品のように変色しやすい素材ではありませんが、汗などで黄ばむこともあります。長時間水気のある場所などで使用しないでください。

3、それぞれの石は「めがね留め」という方法でつなげてあります。通常のリング留めより強固ですが、強く引っ張ると変形したり、ほどけることがありますのでご注意ください。

4,天然石を使っています。アクセサリーボックスにしまっているうちに、なんとなく生彩がなくなってきたな、と思ったら、お月様のきれいな夜に月の光を浴びせてあげるとか、家の中の好きな場所にしばらく飾っておいてあげなどして、元気を取り戻してあげてくださいねー! 

私はさほどこの手のこと(浄化)は気せず使っていますが、興味がある人、好きな人は以下のサイトを参考にしてください。
http://www.ishi-imi.com/2006/07/post_25.html

5,ワイヤーが伸びてしまった、変形してしまった、壊れてしまったなどありましたら、修理をしますのでご連絡ください。



Pret-a porter2 Minori

  • 2011.02.19 Saturday
  • 09:40
シェル(貝殻)で出来たリングを、ワイヤーとパールで花束のようにデコレーションしたトップをつけた、ペンダントとブレスレットのセットです。



私がしていたものを気に入ってくれたんだよね。ありがとう!
ペンダントトップのデコレーションは、こんな感じです。



お花の茎の部分。S字に曲がったところがこの形になるように、整えて身につけてくださいねー!(SS のように並んでしまうと、かっこ悪い>笑)



アジャスター部分はこのようになっているので


ネックレスのみとして使うこともできますし、ブレスレット部分とつなげて、ロングネックレスとして身につけることもできます。ロングにするとこんな感じになります。



シェルのリングの上部には、パールでできた4花弁の小さなお花が。その上には、紫水晶を、緑色のペリドットの小さな石とワイヤーでデコレーションしたパーツが配置されています。
その両端にあるのは、ローズクォーツです。

首回りのチェーンには、ペリドットとピンクコーラルの淡水パールを使用しました。
ブレスレットにも、同じ石が使われています。

ご注文の通り、私が身につけていたものよりも、ペンダントはちょっと長めに作ってあります。

ペリドットは怒りや悲しみなどマイナスな感情を癒し、明るく前向きにしてくれるといわれています。また、ペリドットは知能と関係が深い石とも言われています。中世ドイツの女性神秘家ヒルデガルトは
『この石を身につけている人は、知能が強化されます。初めから素晴らしい知能や技能を備えている人は、この石を心臓の上にあてることで、その知能や技能が失われることを防いでくれるでしょう。』と言っているのだとか。

知性の石ペリドットと、愛情と優しさの石ローズクォーツ、そしてストレスをやわらげてくれる紫水晶の組み合わせのアクセサリーです。

聡明で思慮深いMinoriちゃんを思って作りました。学生さんとのさまざまなストレスや研究活動も多い中、ストレスに負けずにたくさんの素敵な笑顔で、みんなを明るくしてくださいね!

Minoriさんへ



<ご注意>

1,スカーフなどと一緒に身につけると、首回りのワイヤーのデコレーションが薄い布にひっかかり、スカーフを傷めることがあります。また、セーターの編み目にひっかかると取りにくいという特徴がありますので、繊細な服と一緒のときは十分にご注意ください。(私は、ワイヤーアクセサリーを身につけるときには、ひっかかりやすい服を着ないようにしています。十分注意して作っていますが、素材の性質上、ご理解いただければ幸いです)

2,ノンターニッシュシルバーのアートワイヤーを使っています。銀製品のように変色しやすい素材ではありませんが、汗などで黄ばむこともあります。長時間水気のある場所などで使用しないでください。

3、それぞれの石は「めがね留め」という方法でつなげてあります。通常のリング留めより強固ですが、強く引っ張ると変形したり、ほどけることがありますのでご注意ください。

4,天然石を使っています。アクセサリーボックスにしまっているうちに、なんとなく生彩がなくなってきたな、と思ったら、お月様のきれいな夜に月の光を浴びせてあげるとか、家の中の好きな場所にしばらく飾っておいてあげなどして、元気を取り戻してあげてくださいねー! 

私はさほどこの手のこと(浄化)は気せず使っていますが、興味がある人、好きな人は以下のサイトを参考にしてください。
http://www.ishi-imi.com/2006/07/post_25.html

5,ワイヤーが伸びてしまった、変形してしまった、壊れてしまったなどありましたら、修理をしますのでご連絡ください。

Pret-a porter1 Abejun

  • 2011.02.19 Saturday
  • 08:20
ブルーレースの石にラインストーンをぽちっとつけたものを
ワイヤーでラッピングしてチャームにしたものを、
淡水パール、アメジスト、クリスタルのチェコビーズでつなげた
ネックレスとブレスレットのセットです。



ペンダントトップはこんな感じ。


チェーンの周辺にも、ワイヤーデコレーションがされています。
淡水パールは、雪だるまみたいなかわいい形です。


ペンダントと、ブレスレットのアジャスター部分はこんな風になっているので


それぞれを別個に使うこともできるし、ペンダントとブレスレットをつなげて使うこともできます。つなげると、こんなロングネックレスになります。





デザイン上、ペンダントトップは固定されていて動かすことはできません。
ブラウスの胸元の素肌につけるときはショートタイプで。
ブラウスの上からや、タートルネックのセーターのときはロングタイプで。
お洋服に合わせて、好みの長さで使ってくださいね!

ペンダントトップに使ったブルーレースは人の縁、友情をつなげる力のある石です。
そして、チェーンにアレンジしている紫の石はアメジスト。
ストレスで疲れた心を癒し、落ち着かせ、穏やかな安らぎを与えてくれるといわれています。

たおやかで、優しくて、でもとってもしっかりものでみんなのまとめ役でもあるabejunをイメージして作りました。いつもそこにいてくれて、ありがとう!


Abejunnさんへ



<ご注意>

1,スカーフなどと一緒に身につけると、首回りのワイヤーのデコレーションが薄い布にひっかかり、スカーフを傷めることがあります。また、セーターの編み目にひっかかると取りにくいという特徴がありますので、繊細な服と一緒のときは十分にご注意ください。(私は、ワイヤーアクセサリーを身につけるときには、ひっかかりやすい服を着ないようにしています。十分注意して作っていますが、素材の性質上、ご理解いただければ幸いです)

2,ノンターニッシュシルバーのアートワイヤーを使っています。銀製品のように変色しやすい素材ではありませんが、汗などで黄ばむこともあります。長時間水気のある場所などで使用しないでください。

3、それぞれの石は「めがね留め」という方法でつなげてあります。通常のリング留めより強固ですが、強く引っ張ると変形したり、ほどけることがありますのでご注意ください。

4,天然石を使っています。アクセサリーボックスにしまっているうちに、なんとなく生彩がなくなってきたな、と思ったら、お月様のきれいな夜に月の光を浴びせてあげるとか、家の中の好きな場所にしばらく飾っておいてあげなどして、元気を取り戻してあげてくださいねー! 

私はさほどこの手のこと(浄化)は気せず使っていますが、興味がある人、好きな人は以下のサイトを参考にしてください。
http://www.ishi-imi.com/2006/07/post_25.html

5,ワイヤーが伸びてしまった、変形してしまった、壊れてしまったなどありましたら、修理をしますのでご連絡ください。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM